陶笛風情

2017台湾陶笛楽団年度音楽会にお招きいただき、台中にいってきました。
12月24日、台中市大墩文化センター地下1階にあるホールで音楽会は開催されました。

台湾陶笛楽団に加え、李景銘老師が指導されている他の楽団や、令夫人の葉玟君さんが指導されている葉玟君舞踏団の子供たちも参加し、華やかな音楽会となりました。

また、李景銘老師、馬怡凡老師(陳子明さんと二重奏をされた方)他が指導されている眼不玩陶笛楽団も出演されました。「眼不玩」とは「眼が不自由」という意味だそうでして、先天あるいは後天視覚障碍者による楽団で皆さんオカリナを演奏するのを楽しみにされているとお聞きしました。二曲演奏されましたが、当然暗譜による素晴らしい演奏でした。。

平成29年12月訪台

台中でのコンサートが終わり、日本に戻ってきました。台湾へは12月23日から27日まで4泊5日の行程で、台中、高雄、台北の三市に滞在しました。

台湾の今の気候は夕方は肌寒くなりますが、日中は暖かく、薄いセーターを着ていると、汗ばむような感じでした。しかし、台北の町を行きかう人々は日本の冬と全く同じような服装で、ダウンのジャケットを着こんだ方が多く、この暖かさでこの服装とは、これは台湾のファッションなのだと思いました。27日夜、羽田につきましたが、ダウンジャケットを着ていても、震えるような寒さで、台湾と日本の緯度の差を強く感じました。

台中では、今話題の日出グループのスイーツショップ”宮原眼科”に行ってきました。”宮原眼科”は台鐡台中駅前にあります。戦前に宮原眼科として建てられたビルをリノベーションしてスイーツショップとして利用されており、なかなかファッショナブルなお店で、若い人と日本人で一杯でした。

高雄では、六合国際観光夜市を散策し、海鮮料理を食べにフェリーで旗津半島に渡りました。

 

 

坪林國民小學坪廍分校(臺中市太平區)交流音楽会

12月25日は前日の台湾陶笛楽団の定期演奏会でご一緒した陳子明さんの母校である坪林國民小學坪廍分校を訪問し、交流演奏会を行いました。参加メンバーは、河崎敦子、佐藤益子、福原良男、福原小夜子、河崎茉帆(ピアノ伴奏)の5名です。台湾陶笛楽団より、李景銘団長、陳錦美さん、通訳の王銘巖さん他に同行していただきました。

陳子明さんは22歳で、オカリナ始めて7年ということですが、200曲近く暗譜されているそうです。母校を訪れて、後輩の生徒にオカリナの演奏をしばしば披露されているようです。

坪林國民小學坪廍分校は台中市街から少し山間に入ったところにある小学校で、生徒数50人ほどの分校です。緑に恵まれた環境にあり、英語、音楽等で特色のある教育を行っている学校です。

交流演奏会には、中学年・低学年の生徒が参加し、中学年の子どもたちを中心としたグループによりピアノ伴奏でピアニカ、木琴、鉄琴の演奏を行っていただきました。

 

台北陶笛楽団2017年定期演奏会その2

台北陶笛楽団の2017年定期演奏会の続きです。

演奏会の最中は録音・撮影ができませんでしたので、台北陶笛楽団が撮影されたものから好シーンを抜粋させていただきました。

ミュージカル、ダンス、七重奏、全員での演奏、游学志さんの発売直前のCD(作曲家の競作)からの新曲披露など、見どころたっぷり、見ごたえのあるコンサートでした。

台北陶笛楽団2017年定期演奏会その1

陶笛阿志こと游学志さんが団長、陳嘉文さんが音楽監督をされている台北陶笛楽団の2017年定期演奏会にお招きいただき、台湾を訪問しました。

定期演奏会は、台北市と淡水河を挟んで左岸側の新北市廬洲区にある廬洲巧学社音楽ホールにて、11月4日夜6時半から9時まで開催されました。「音楽ホール」と宿泊をしていたホテルに隣接する「台北駅」との位置関係は、約8km、タクシーで20分程度で、東京でいえば、「東京駅」から隅田川を渡って話題の「豊洲の新市場」へ行くような距離・時間イメージです。

さて、台北に向かう中華航空機の中で、台湾TVを見ていたところ、テレサテン(鄧麗君)の生涯を扱った番組がありました。彼女が子供の頃住んでいた所が演奏会会場に近いことが分かり、探検をしてきましたので、その状況もご紹介しておきます。TV番組で見たテレサテンが住んでいた家は、国民党軍の軍人の官舎で、木造の長屋のようでした。立ち並んでいた官舎は、その後廬洲の役所の事務所として使われ、2013年に民間に売却され、現在では高層マンション「築禾豊」が建っています。旧居址のマンションと道を隔てて、すぐ前に彼女が洗礼を受けた教会や通った小学校があります。その小学校は1897年創立という廬洲で最も古い小学校であり、現在1年生から6年生まで3000人の子ども達が学んでいます。

また、台北陶笛楽団の皆さんとは、昨年夏の初来日の際、越谷に来て頂いた以来の再会となりました。定期演奏会中の状況は、稿を改め、別途掲載したいと思いますが、リハーサルの時の様子をご紹介します。